東京大学医学部付属病院臨床ガバナンス部

  • 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ
  • ホーム
  • アクセスマップ
  • リンク
  • 個人情報・免責事項
ホーム > 臨床研究ガバナンス部とは

臨床研究ガバナンス部とは

概要

臨床研究ガバナンス部の理念

臨床研究ガバナンス部は、アカデミア研究の倫理を遵守し研究の信頼性を確保するために、臨床研究を管理して推進する体制を構築することを目的として平成27年に東京大学医学部附属病院内に設置されました。
私たちは、質の高い臨床研究を実施するために、特に以下の点の強化を目指します。

  1. 研究倫理の遵守
  2. 研究の信頼性の確保
  3. 臨床研究の適切な管理と推進

実施体制

実施体制

各室のミッション

●臨床研究の一元的な管理と監督

<業務内容>

●臨床研究の推進基盤の整備

臨床研究推進における主な支援内容

●研究費獲得支援
●ベンチャー支援

●臨床研究の質と信頼性を高めるための教育

<業務内容>

●臨床研究者教育に関する全般的な支援
●教育成果の管理(受講状況把握・修了証発行など)
●キャリアパス支援体制構築(論文発表・資格取得など)
●研究規範に関する情報収集・情報発信
●レギュラトリーサイエンス研究・教育

臨床研究推進における主な支援内容

●臨床研究者教育

●臨床研究の信頼性確保の構築

<業務内容>

●監査・信頼性に係る相談・助言
●試験監査、システム監査の実施
●東大病院に対する監査、適合性調査等の信頼性情報の一元管理
●信頼性確保体制への提案
●信頼性に関わる法規制等の情報提供、及び教育

臨床研究推進における主な支援内容

●臨床試験監査・システム監査

ページトップ