東京大学医学部付属病院臨床ガバナンス部

  • 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ
  • ホーム
  • アクセスマップ
  • リンク
  • 個人情報・免責事項
ホーム > 臨床研究ガバナンス部とは

臨床研究ガバナンス部とは

ごあいさつ

写真

 大学病院には、診療・研究・教育の三つの使命があります。東京大学医学部附属病院(東大病院)においても、これらの使命を果たすため、「臨床医学の発展と医療人の育成に努め、個々の患者に最適な医療を提供する」という理念を掲げています。また、この理念を実現するために、①患者の意思を尊重する医療の実践、②安全な医療の提供、③高度先進医療の開発、④優れた医療人の育成を目標としており、東大病院はこれまで臨床研究の推進にも貢献し、数多くの優れた成果を世に送り出してまいりました。
 近年、我が国においては臨床研究を取り巻く様々な問題が生じ、これらに対して適切かつ機動的に対応し、研究倫理問題・研究不正を未然に防止し、信頼性の高い臨床研究を推進することが必須となりました。そのため、東大病院では臨床研究の管理役を果たす「臨床研究ガバナンス部門」を、「臨床研究実施・支援部門」と独立して2015年1月1日付で設置しました。高度医療を提供する東大病院が臨床研究の倫理を遵守し研究の信頼性を確保して推進するために、臨床研究ガバナンス部は、率先して臨床研究を管理して推進する体制を構築いたします。
 皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

東京大学医学部附属病院長 瀬戸泰之
写真

 臨床研究ガバナンス部は、東大病院が推進する臨床研究の倫理的・科学的信頼性を確保するために、率先して臨床研究を管理して推進する体制を構築することを目的として設置されました。そのため、「臨床研究実施・支援部門」である診療部門・中央診療施設部門・臨床研究部門とは独立した部門として設置され、臨床研究ガバナンス部長は、副院長あるいはその直属の特任教授が歴任しております。
 臨床研究ガバナンス部は、①企画戦略・推進室、②臨床研究公正推進室、③監査信頼性保証室の3室から構成されています。これらは相互に連携し、ガバナンス機能の推進、強化に当たります。また、東大病院で実施される臨床研究を、病院長が一元的に管理監督するために、特定臨床研究運営委員会の事務局として臨床研究のガバナンス機能強化に貢献いたします。
 そのような形で、患者さんたちが待ち望む医薬品、医療機器等を、少しでも早く医療現場にお届けできるよう、使命を果たしてまいりたいと存じますので、皆様のご支援とご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

臨床研究ガバナンス部長・特任教授 宇井英明
ページトップ