東京大学医学部付属病院臨床ガバナンス部

  • 小さいサイズ
  • 少し大きいサイズ
  • 大きいサイズ
  • ホーム
  • アクセスマップ
  • リンク
  • 個人情報・免責事項
ホーム > 臨床研究ガバナンス部とは

臨床研究ガバナンス部とは

ごあいさつ

写真

 大学病院には、診療・研究・教育の三つの使命があります。東京大学医学部附属病院(東大病院)においても、これらの使命を果たすため、「臨床医学の発展と医療人の育成に努め、個々の患者に最適な医療を提供する」という理念を掲げています。また、この理念を実現するために、①患者の意思を尊重する医療の実践、②安全な医療の提供、③高度先進医療の開発、④優れた医療人の育成を目標としており、東大病院はこれまで臨床研究の推進にも貢献し、数多くの優れた成果を世に送り出してまいりました。
近年、我が国においては臨床研究を取り巻く様々な問題が生じ、これらに対して適切かつ機動的に対応し、研究倫理問題・研究不正を未然に防止し、信頼性の高い臨床研究を推進することが必須となりました。そのため、東大病院では臨床研究の管理役を果たす「臨床研究ガバナンス部門」を、「臨床研究実施・支援部門」と独立して2015年1月1日付で設置しました。高度医療を提供する東大病院が臨床研究の倫理を遵守し研究の信頼性を確保して推進するために、臨床研究ガバナンス部は、率先して臨床研究を管理して推進する体制を構築いたします。
皆様のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

東京大学医学部附属病院長 齊藤延人
写真

信頼ある先端医療開発を目指して

 臨床研究ガバナンス部は、東大病院が推進する臨床研究の倫理を遵守し研究の信頼性を確保するために、率先して臨床研究を管理して推進する体制を構築することを目的としています。そのため、「臨床研究実施・支援部門」である診療部門・中央診療施設部門・臨床研究部門とは独立した「臨床研究ガバナンス部門」として運営支援組織に設置されました。2015年1月1日に開設されました後、3月まで齊藤延人副院長(現病院長)、4月から7月まで南学正臣副院長が部長を兼務しておりましたが、8月から専任部長として森豊が着任いたしました。
臨床研究ガバナンス部は、①TR戦略・推進室、②臨床研究者教育研修室、③監査・信頼性保証室の3つの室から構成されています。TR戦略・推進室は、非臨床の段階から臨床研究開発に至る総合戦略案策定、大型研究事業公募時の対応、各種関連組織との連携促進などの機能を担い、臨床研究を組織的に推進します。臨床研究者教育研修室は、研究倫理・行動規範などの臨床研究の信頼性に関わる分野の教育管理・情報発信を医学部研究倫理支援室等との連携のもとに行います。監査・信頼性保証室は、医師主導治験及び自主臨床試験に関する品質保証業務、信頼性確保の体制構築の為の改善提言、助言、教育を行います。3つの室は相互に連携し、ガバナンス機能の推進、強化に当たります。また、病院長が東大病院で実施される臨床研究を一元的に管理監督するために、特定臨床研究運営委員会の事務局として臨床研究のガバナンス機能強化に貢献いたします。
皆様のご支援とご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

臨床研究ガバナンス部長・特任教授 森豊隆志
ページトップ